最もアルギニンの多いサプリメント2選

アルギニンサプリメントには、
『筋力アップ系』か『精力アップ系』の2種類があります。

それぞれアルギニンの多さで選ぶなら…

 

アルギニンの多いサプリメント2つ

30代を超えると体内で生成する事のできなくなるアルギニン。

筋力アップはもちろん、
精力アップにも欠かせない大切な栄養素ですが、
サプリメントを選ぶなら、その使用用途も考慮したいところです。

そこで今回は、
筋力系と精力系のサプリメントで、
もっともアルギニンを多く含んでいる2つを紹介します。

筋力アップで選ぶなら

アルギニンが多いサプリ

筋力アップ系で選ぶならこれが最強。

現役プロレスラーの秋山準選手も愛用している
ドクターチョイスの『L-アルギニン5000プラス』です。

アルギニン含有量はなんと5000mgと業界でもトップクラス。
最も多くアルギニンが含まれているサプリメントです。

アルギニンの他にも、
アルギニンの相乗効果をもたらすシトルリンや、
疲労回復に欠かせないDリボース、各種ビタミン等、
筋力アップに欠かせない成分がたっぷり含まれています。

外国産のサプリメントなのですが、
GMP工場で製造されているため、
安全性も高いので安心です。

また、アルギニンは強アルカリ性の為、
ここまで高濃度だと胃痛障害を起こす心配がありますが、
クエン酸で完全に中和させているのも評価ポイントですね。

それから、この『L-アルギニン5000プラス』は
筋肉系サプリメントには珍しい
90日間の全額返金保証も付いています。

ただ、粉末タイプですので、
少々の味は我慢しないといけませんね。

 L-アルギニン5000プラスの詳細はコチラ

 

精力アップで選ぶなら

vital-answer-pct1

2015年まではフォースが最強の精力剤として君臨していましたが、2016年現在、アルギニンをもっとも高配合している精力剤はバイタルアンサーです。

アルギニンが1,600mg配合と精力剤サプリメントではズバ抜けて多く含まれているだけではなく、アルギニンの持つ力をグンっと引き上げ、精力上昇に大きく作用するシトルリンも配合されています。

言うならば『全精力剤のいいとこ取りした最強の精力剤』です。

もちろん、
アルギニンやシトルリン以外にも、トリプトファンや亜鉛、その他ビタミン類もしっかりと配合されているので、精力剤としてアルギニンを摂取するならこのバイタルアンサーがオススメです。

→最強の精力剤!バイタルアンサー体験(参考記事)
もちろん、詐欺のような精力剤サプリとは違い、しっかりと返金保証も付いていますのでノーリスクで試すことができます。

正直これ以上の精力剤はありません。

 

2017最新版!オススメ精力剤BEST3

 最強の成分率!バイタルアンサー

vitaianswer

 アルギニン含有量が1日分1,600mgと圧倒的に高配合でありながら、まさかのシトルリン配合!!今までの精力剤は何だったのか疑問さえ感じてしまう成分配合です。しかもオルニチンやトリプトファンまで高配合されていますので、精力減退や中折れに悩む全ての年代の男性にオススメです。これ以上のクオリティはありません。今現在、管理人が愛飲している精力剤です。


 バイタルアンサーの公式ページはこちら

 100%天然成分!クラチャイダム王

クラチャイダム王

 アルギニンやその他の有効成分においてマカをはるかに凌ぐクラチャイダムが100%配合された実力派の精力剤。天然成分で出来ているので妊活中の方や天然サプリ派の方にオススメです。


 クラチャイダム王の公式ページはこちら

 40代以降の男性に人気!クラチャイダムゴールド

クラチャイダムゴールド

 クラチャイダム系の精力剤の中でもコチラもかなり評判の良い精力剤サプリメント。リピーターやファンも多く、リピート率は驚異の90%!40代、50代の男性にすごく人気があります^^

 クラチャイダムゴールドの公式ページはこちら

精力復活したら 〜裏技DVD2選〜

sex1 プロセックスマスター育成講座
AV男優歴15年の大ベテラン森林原人さんが教える、今もっとも売れているセックステクニックDVD。もちろん全額返金保証付き。
sex1 早漏改善ブートキャンプ
ベテランAV男優の田淵正浩さんが自由自在に射精をコントロールする方法をレクチャーした動画。早漏が治るDVDとしてアマゾンの売り上げNO1を記録した実績もアリ。

ブログランキングに参加しております。

最後までご覧いただきありがとうございました。
応援ポチしていただけると鬼は更に加速いたしますm(_ _)m


今回もご訪問いただきありがとうございました。
次回ご訪問の際は『精力剤の鬼』と検索窓に打ち込むとスムーズです。

コメントを残す